スポンサーサイト


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

映画「潜水服は蝶の夢を見る」


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


【映画タイトル】潜水服は蝶の夢を見る
【監督】ジュリアン・シュナーベル
【ロナルド・ハーウッド】
【出演】マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ
アンヌ・コンシニ、パトリック・シュネ、エニル・アレクトリュプ、オラツ・ロペス・ヘルメンディア

ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。
20万回のまばたきで自伝を綴った、感動の実話。
最期まで希望を持ち続けた主人公の美しさに、生きる勇気が湧いてくる。
2008年アカデミー賞主要4部門ノミネート作品。


潜水服は蝶を夢見る表紙
【ストーリー】
ジャン=ドミニクは3人の子供の父親。「ELLE」誌の編集長として、幸せで華やかな人生を送っていた。ところがある日突然、脳梗塞で倒れ、「ロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)」になってしまう。身体的自由を奪われ、唯一動くのは、左目だけ。そんなジャン=ドミニクに対し、言語療法士アンリエットは瞬きでコミュニケーションをとる方法を考え出す。そしてある日彼は、瞬きで自伝を綴り始める。果てしない想像力と、記憶、そして生きることへの愛情でジャン=ドミニクは逆境を乗り越え、希望は少しづつ未来へと向かっていく・・・。

潜水服は蝶を夢見る1
【感想】
今日は公開中に観に行きたかった映画「潜水服は蝶の夢を見る」のご紹介です。主人公は突然脳梗塞で倒れてしまいます。ワタシはこの作品で「ロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)」という病名を知りました。唯一、自らの体で自由が利くのは左目のまばたきだけ。彼はそのまばたきで自分の意思を伝えて自伝書を創りあげていきます。それは、彼だけでなく彼の支えとなる言語療法士のアンリエットとの気が遠くなるような繰り返しの共同作業。

冒頭から、ドミニクの視点でカメラワークが撮られています。観ていて慣れるまで、何だかモヤモヤとした気持ちにさせられました。しかし、ふと気が付かされます。これが、「ロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)」の人から見た世界なんだと。一言でいうならば過酷です。けれど、この映画ではその過酷なテーマを重苦しいとか悲しいとかそういった感情だけで表現していない点が素晴らしいと感じました。きっと、これが邦画であれば昨今多くなっているお涙頂戴作品になってしまうであろうと思います。もし自分がこういう状況になったら生きる意力さえ失ってしまうと感じました。限られた環境の中で果たして自分は何が出来るのであろうか?と深く考えさせられた作品でした。そして、生きるという意味が深く刻まれている映画でもあると思います。

潜水服は蝶を夢見る2

mimiの満足度は・・・ movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧
スポンサーサイト


洋画の感想 | 【2008-08-01(Fri) 00:05:00】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]
コメント
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
2008-08-01 金  03:21:52 |  URL | @音三昧 #- [編集]
>@音三昧さん

はじめまして!
コメントありがとうございます!
また遊びにいらして下さい。ワタシもお邪魔させて頂きますね★
2008-08-01 金  08:29:33 |  URL | ミミ #- [編集]
ミミさんも鑑賞されたようですね。
正直この作品に対して、女性がドミニクに感情移入し難いのではないのかと感じていました。これだけの状態になりつつも、考えることは女性のことであったりという部分が強かったように感じていたので、ミミさんの意外なレビューにちょっとビックリしてしまいました。左目の視界を再現したカメラワークは、今までに体験したことのない感覚でしたね。またお邪魔しますね。
2008-08-01 金  18:48:59 |  URL | ワールダー #SFo5/nok [編集]
>ワールダーさん

やっとゆっくり鑑賞できました。
>女性がドミニクに感情移入し難いのではないのかと感じていました。
確かに男性にしか共感できない部分もあったと思いました。しかしながら、知り合いにこういった病に近い人が居るので「生きる」という事については頻繁に考えるようになりました。
ドミニクからの視点でのカメラワークには本当に驚きました。
コメントありがとうございます!
2008-08-01 金  22:19:43 |  URL | ミミ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 昭島市の映画館 MOVIX(ムービックス)昭島で映画三昧♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。