スポンサーサイト


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

映画「耳をすませば」


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


【映画タイトル】耳をすませば
【原作】柊あおい
【監督】近藤喜文
【脚本】宮崎駿
【出演】本名陽子、高橋一生、小林桂樹、露口茂、立花隆、室井滋


宮崎駿がプロデュース、『火垂の墓』『魔女の宅急便』で作画を務めた近藤善文が監督にあたった青春アニメ。中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、さわやかなタッチで綴る。思春期の不安や、複雑な乙女心、将来への不安と憧れなど、恋愛ストーリーの定番的要素を瑞々しい人間ドラマとして昇華。

耳をすませば表紙

【ストーリー】
雫は中学3年生。両親と大学生の姉とともに東京近郊の団地に住む、ごく普通の読書好きの女の子だ。そんな雫が親しくなった同級生の少年は、中学を卒業したらすぐに、バイオリン職人になるためにイタリアに渡ると言う。進路について深く考えていなかった自分に気づいた雫が、自分のやりたいこととして選んだのは…。

耳をすませば


【感想】
今日は、先週テレビで放送されていた映画「耳をすませば」のご紹介です。個人的には、ジブリ作品の中で上位に入る好きな映画です。舞台が、聖蹟桜ヶ丘という身近な場所と言うこともあり、実際にシーンとなった所に行ったほどの物好きなワタシです。
大人になってから観るとかなり恥ずかしくなるシーンなども多々あり、自分が中学生だった頃の事を思い出させてくれるような懐かしい感覚になります。甘酸っぱいというか、淡い想いが蘇るというかそんな感じです。実際、自分が中学生の時期って自分の夢が一体何なのか?どんな道に進みたいのかなんて漠然とし過ぎていて、何となく毎日を過ごしていたなぁと思いにふけってしまいます。主人公の少女でもある?月島雫?という名前の響きが好きで、彼女が歌うカントリーロードがとても印象的です。この作品を観る度に、青春と呼ばれる時期にタイムスリップできてしまうような爽やかな作品だと思います。

MOVIX(ムービックス)昭島で映画三昧♪

スポンサーサイト


邦画の感想 | 【2008-02-25(Mon) 00:05:10】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
こんにちは!
先日テレビをつけたら放送されていたので、ついつい見入ってしまいました。
中学生の頃の自分を思い出し、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。
大人になって鑑賞してみると、また違った見方ができる作品ですよね。
ジブリ作品は、やっぱりいつ見てもいいものですね。
2008-02-27 水  16:09:36 |  URL | ワールダー #SFo5/nok [編集]
>ワールダーさん
ワタシもこの「耳をすませば」は年に1回は観たくなるジブリ作品です。
ワールダーさんのおっしゃる通り、特に大人になって観ると違った観点で
見入ってしまいますよね。
昔のジブリ作品は、心に響くものがありますね★

2008-02-27 水  22:54:44 |  URL | ミミ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 昭島市の映画館 MOVIX(ムービックス)昭島で映画三昧♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。