スポンサーサイト


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


【映画タイトル】アヒルと鴨のコインロッカー
【原作】伊坂幸太郎
【監督】中村義洋
【出演】濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、田村圭生、関暁夫

人気ミステリー作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した切なく爽やかな青春ミステリー。隣人の奇妙な計画に巻き込まれた青年が、やがてその真意を知るまでの顛末をミステリアスかつトリッキーに綴る。世界観・空気感はもとより、映像化困難と呼ばれたトリックを完全映像化!

アヒルと鴨のコインロッカー表紙

【ストーリー】
大学入学のために仙台へ引っ越してきた椎名。新居の片づけをしていると、隣人の河崎というちょっとミステリアスな青年が声を掛けてくる。彼は、口ずさんでいたボブ・ディランの曲「風に吹かれて」に興味を持ったらしい。しかし、彼は初対面の椎名に、同じアパートに住むブータン人のドルジという青年に広辞苑を盗んでプレゼントしたいから「本屋を襲わないか?」と誘う。ドルジは河崎の元彼女の琴美と付き合っていたらしい。また買うのではなく盗むのが大切だと奇妙なことを言う河崎。 椎名は逃げ腰だったが河崎の巧みな話術にのり、気づいたら本屋襲撃に加担していた!

アヒルと鴨のコインロッカー1

【感想】
今日は映画「アヒルと鴨のコインロッカー」のご紹介です。
原作は読まずに全く予備知識なしで鑑賞しました。
タイトルがアヒルと鴨のコインロッカーという意味深なものだったので、一体何なんだろうと思いながら観始めました。前半部分は、ミステリーなのに、あれ?これはコメディーなの?という感じで進んでいきます。がっ!しかし、中盤から後半にかけて思ってもいない展開に驚きました。タイトルのアヒルと鴨という意味も謎解かれていきます。また、巧妙な伏線が張られているところも見所の1つです。

まず、キャスティングが良かったと感じます。これまであまり好きではなかった瑛太が今作品では見事に演技力の幅を見せ付けてくれました。また、濱田岳も控えめですがいい味出してます。途中で気がついたんですが、芸人ハローバイバイの関くんも出演しています。
時間軸をいじっている作品でもあるので、個人的には好きな作品です。原作も読んでみたくなりました。ラストシーンは切なさが残りますが、観終わった後に思わずボブ・ディランの曲を口ずさんでいる自分がいました。

アヒルと鴨のコインロッカー2


MOVIX(ムービックス)昭島で映画三昧♪


アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


エッセンシャル・ボブ・ディランエッセンシャル・ボブ・ディラン
(2003/05/21)
ボブ・ディラン

商品詳細を見る

スポンサーサイト


邦画の感想 | 【2008-02-12(Tue) 15:28:23】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
こんにちは!
タイトルの意味が、徐々に分かっていく作品ですよね。巧妙な伏線が張られているのもなかなかですが、個々の役者がイイ味を出していたようにも感じられます。
伊坂作品は映像化みはあまり向いていないような気がしますが、この作品はアリかな?と思いました。
2008-02-12 火  16:45:51 |  URL | ワールダー #SFo5/nok [編集]
>ワールダーさん

伊坂幸太郎の本って暗い内容のモノが多いようで、映像化が難しいと聞いていました。
このキャスティングだったからこそ、内容も良く仕上がったのではないかと感じました。
最近は邦画ばかりなので、そろそろ洋画に切り替えようかと思案中です。
2008-02-12 火  18:55:26 |  URL | ミミ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 昭島市の映画館 MOVIX(ムービックス)昭島で映画三昧♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。