スポンサーサイト


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

映画「ゴールデンスランバー」


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


【映画タイトル】ゴールデンスランバー
【原作】伊坂幸太郎
【監督】中村義洋
【音楽】斉藤和義
【出演】堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、大森南朋、ソニン、濱田岳、柄本明、香川照之、伊東四朗 他

伊坂幸太郎の最高傑作とも呼ばれる小説を、「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」の中村義洋監督が映画化。「ジャージの二人」「ジェネラル・ルージュの凱旋」で中村監督と絶妙なコンビネーションを見せた堺雅人を主演に迎え、伊坂作品ではお馴染みの仙台を舞台に、首相暗殺犯に仕立てあげられた男の逃亡劇がスリリングに展開していく。

ゴールデンスランバー表紙

【ストーリー】
杜の都・仙台。野党初の首相となった金田が、凱旋パレード中にラジコン爆弾により暗殺された。時同じくして、宅配便ドライバーの青柳(堺雅人)は、旧友の森田に何年ぶりかで呼び出されていた。鬼気迫る様子で、首相暗殺事件の予告を口にする森田。すると、警官が突然現れ、青柳に向かって拳銃を構え、森田は死亡してしまった。訳のわからないまま、青柳は殺人犯として無実の罪を被せられ、警察そして日本国中から追われる羽目に。彼を信じる人間は、大学時代の元恋人・晴子(竹内結子)と友人たちだけ。絶体絶命の中、彼は無実の罪を晴らし、逃げ切ることが出来るのか…。

ゴールデンスランバー1

【感想】
少し遅れましたが、今日は映画「ゴールデンスランバー」のご紹介です。今回は原作を読んでからムービックス昭島へ足を運びました。既に配役が決定していたので、それを考慮しながら鑑賞してきました。これまで、伊坂作品は数多く映画化されてきましたが個人的には一番原作に近い作品ではないかと感じました。当初は、これだけの大きな話をどうやってまとめるのだろうと思っていましたが、要所要所をバランスよく繋げてあるなぁと思いながら見入ってしまいました。青柳演じる主演の堺雅人氏が劇中走る走る?!もうダッシュで逃げまくり、その度にクルクルと変わる表情を見せてくれます。映画「南極料理人」とはこれまた一味違った堺さんに出会えます。

ゴールデン4

その他の出演者も柄本明さん香川照之さん伊東四朗さんなど演技派の役者さんが出演されているので、観ていて非常に安定感があります。その中でも伊坂作品の常連さんである濱田岳くん演じる役目は最高でした!音楽とテンポもよく進んでいくので上映時間があっという間という感じです。個人的には、永島敏行さんが今までには無い雰囲気の役でツボでした!

ゴールデンスランバー3

mimiの満足度は・・・ movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧

→映画「ゴールデンスランバー」の公式サイトはこちらです。



スポンサーサイト
邦画の感想 | 【2010-03-02(Tue) 16:29:58】 | Trackback:(1) | Comments(-) | [編集]

映画「南極料理人」


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


【映画タイトル】南極料理人
【監督・脚本】沖田修一
【原作】西村淳
【主題歌】ユニコーン
【出演】堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古館寛治、黒田大輔、小浜正寛、小野花梨、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作

おいしいごはん、できました。
氷点下54℃、家族が待つ日本までの距離14,000km。
究極の単身赴任。


堺雅人が料理人に!
南極観測隊員の面白料理エッセイを映画化。
思わずおなかが減る絶品料理たち!
演技派俳優が演じる息のあった隊員たちから目が離せない。


南極料理人表紙

【ストーリー】
西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという大役を任される。基地では雪氷学者(生瀬勝久)をはじめ、雪氷サポート隊員(高良健吾)らが彼の料理を心待ちにしており。。。

南極観測隊に料理人として参加した、西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化した癒し系人間ドラマ。南極の基地内で単身赴任生活を送る8人の男性たちの喜怒哀楽を、数々のおいしそうな料理とともに見せる。料理人を演じるのは、ここのところ『ジェネラル・ルージュの凱旋』など話題作への出演が相次ぐ堺雅人。共演の生瀬勝久や高良健吾ら新旧の実力派俳優たちとともに、絶妙のアンサンブルで展開するユーモラスな物語に魅了される。

南極料理人2

【感想】
今日は、少し前に鑑賞した映画「南極料理人」のご紹介です。個人的に好きな映画「かもめ食堂」と同じ飯島奈美さんがフードスタイリストで参加されています。かもめの時もそうでしたが、劇中に続々と出てくる料理が美味しそうな事ったら…特にラーメンは観終わった後に食べたくなること間違いないです。

南極料理人3

映画内容はほのぼの?とした感じの作風ですが、陸の孤島と呼ばれる南極ドームで暮らす個性溢れる8人の男性陣の演技にクスクスッと笑ってしまいます。何気ない台詞の一言が非常にツボにはまってしまったりと、ゆる?い感じが良かったです。堺さん目当てで鑑賞したこともあったのですが、意外に豊原功補さんのキャラが良かったです。以前、ドラマ「帰ってきた時効警察」で十文字刑事を演じていた時のことを思い出してしまいました。堺さんはこの映画の役作りのために体重を増やしたんだとか。そのため、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の時と比較すると印象がかなり違って見えたので、それも発見でした。それにしても、観ていて凄くお腹が空くことは言うまでもありません。また、主題歌が「ユニコーン」というのも良かったなぁと感じました。普段、映画パンフレットは購入しないのですが帰り際に買ってしまいました。堺さんファンには必見の作品です!

南極料理人4

mimiの満足度は・・・ movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧


邦画の感想 | 【2009-12-13(Sun) 10:10:50】 | Trackback:(1) | Comments:(1) | [編集]

ちょっと気になるあの人「俳優 光石研」


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


【ちょっと気になるあの人】
【俳優】光石研

光石研表紙

今日は、ちょっと気になるあの人第7弾。
俳優 光石研さんです。ここ何年かで急上昇されている俳優さんの一人だと思います。個人的にも好きな俳優さんです。邦画作品を観ていくと「あっ!この映画にも光石さん出ているんだ」というくらい映画の出演作品は凄まじく多い方です。最近では映画「カイジ」・「ヴィヨンの妻 桜桃のタンポポ」・「なくもんか」にも出演されています。光石さんってどの作品を観てみても印象が違っていて、その役柄にスーっと溶け込んでいる感があります。ワタシ的には映画「めがね」・「Sweet Rain 死神の精度」での役が非常に対照的で好きです。以前、珍しくトーク番組に出演されている光石さんを拝見しましたが、「とにかく緊張しています」との一言であまり饒舌におしゃべりはされていませんでしたが、そんな飄々とした雰囲気の光石さんが演技するとあんなにも変わるんだなぁと、そのギャップに驚きました。邦画界の名バイプレイヤー・縁の下の力持ち的な演技に好感が持てる俳優さんの一人だと思います。今後の光石さんの活躍に期待しています。

?出演作品?
名バイプレイヤーの光石さんの出演されている作品は、非常に作品数が多いため今回も割愛させていただきます。

今後、光石さんが出演される映画作品
映画「悪人」
映画「猿ロック THE MOVIE」
映画「ウルルの森の物語」
映画「十三人の刺客」
映画「カケラ」
映画「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」
映画「ぼくの、好きなひと。」

→光石さんが所属されている事務所「鈍牛倶楽部」公式ホームページです



ちょっと気になるあの人 | 【2009-12-01(Tue) 17:00:49】 | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

映画「2012」


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


【映画タイトル】2012
【監督・脚本・製作総指揮】ローランド・エメリッヒ
【出演】ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・ビリングスレイ、モーガン・リリー、ジョージ・シーガル、パトリック・ボーショー、ジミ・ミストリー、アガム・ダーシ、ヨハン・アーブ

あらゆる天変地異が世界を襲う
大迫力と緊張の連続ディザスター映像


マヤ暦による2012年終末説を題材に、「インデペンデンス・デイ」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目

2012表紙

【ストーリー】
2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012年。売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。

2012-2

【感想】
今日は映画「2012」のご紹介です。当初はマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を鑑賞しようとしたのですが、満席に近い状態だったので諦めこちらを選んでみました。監督は映画「デイ・アフター・トゥモロー」「インディペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ氏。個人的にディザスター・ムービーはあまり好きではないんですが、とにかくド迫力満載のCG映像が凄いとの事だったので観てみました。感想は、この監督にディザスター・ムービーを創らせたら、これを超える作品を作るなんて出来ないのではないかなぁと言うくらい、凄まじい映像が満載でした。ムービックス昭島ではシアター2での上映だったのですが、巨大なスクリーンに映し出される天変地異の映像と左右にすり抜けていく音響で、時折ビクッ!としてしまうほど。上映時間は2時間30分ほどですがそれほど長くは感じませんでした。

2012-3

内容は、2012年地球滅亡説に基づくお話しで何人かの人々にスポットを当て、どうこの危機を乗り越えていくかというストーリー。これまで、ノストラダムスの大予言などの人類滅亡説がいくつも唱えられてきました。2012年というと、あと3年後かぁ…なんて考えてみましたが、映画と同じような天変地異が実際に起きてもおかしくないのかな?なんて思ってしまいました。劇中では、地割れや津波・火山の爆発などが連続して起こるんですが、特にロサンゼルスの街が崩壊するシーンや一家が街から脱出する場面は観ていて思わず力が入ってしまいました。しかしながら、これだけのCG映像にお金をかけすぎてしまったのか、出演者がいまひとつパッとしなかったのが正直なところです。ジョン・キューザックがあちらこちらを飛び回り頑張ってくれているのですが、う?っ周りを取り囲む人たちが何だかちょっと残念な感じです。また、ジャクソン(ジョン・キューザック)一家の強運さに思わず突っ込みたくなるシーンも多々あり、あれ?ちょっと!というシーンもありますが、それはまぁローランド・エメリッヒ氏の作品ならではなのかなと感じました。とくかく、ストーリーよりも迫力ある映像を観るという点では価値ある作品だと思います。おそらく、DVD化されて観てもこのテンションは絶対に味わえないと思うので、是非、映画館で鑑賞することをオススメします。

→2012年人類滅亡説についてはこちらをクリック

2012-4

→映画「2012」の公式サイトはこちらです

mimiの満足度は・・・ movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧 movix昭島で映画三昧


洋画の感想 | 【2009-11-26(Thu) 17:43:49】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

【今後気になる映画作品】


→人気ブログランキング(映画)はこちら
↑映画ブログが集まっていて色々な映画の感想が見れます。参考にどうぞ♪


今日は、個人的に今後観たいと思っている映画のご紹介です。

【映画タイトル】
★2010年1月30日ロードショー★
映画「ゴールデンスランバー」


【原作】伊坂幸太郎(新潮社刊)
【脚本】中村義洋・林民夫・鈴木謙一
【音楽】斉藤和義
【監督】中村義洋
【出演】堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季、伊東四朗
【主題歌】「Golden Slumbers」All Performed by斉藤和義

事件のカギを握るのは、ビートルズの名曲
ゴールデンスランバー
無実の男、首相暗殺犯に断定
誰が、彼を救えるのか


ゴールデンスランバー表紙

【あらすじ】
杜の都・仙台。金田首相の凱旋パレード中、突如ラジコンヘリ爆弾が首相に直撃。衆目の中、首相暗殺事件が起きる。時同じくして、宅配ドライバー・青柳(堺雅人)は、大学の旧友・森田(吉岡秀隆)と数年来の再会を果たしていた。様子がどこかおかしい森田は、青柳に告げる。「お前は首相暗殺犯に仕立てられる。逃げろ!オズワルドにされるぞ!」鬼気迫る調子で訴える森田。すると、警官が突然現れ青柳に向かって拳銃を構える。森田は死亡。意味が分からないままひた走り、逃げる青柳。。。

ゴールデンスランバー4

世間では、青柳が暗殺現場近くにいたことを証言する目撃者、ラジコン店に青柳が居る証拠映像などが次々に現れ、青柳は身に覚えのない証拠とともに、見えない力によって無実の暗殺犯に仕立てられていく。警備網が仙台一体に敷かれる中、元恋人の晴子(竹内結子)、大学の後輩・カズ(劇団ひとり)など、信頼ある仲間たちが青柳を窮地から救うも、警察庁の佐々木(香川照之)らに追い詰められ、万事休す。遂に投降の時を迎えるが。。。

ゴールデンスランバー1

映画化されるとあって先に原作を読んでみました。実に、スケールが大きいお話しの一言です!最近読んだ本の中で、村上春樹の1Q84の次に長い物語でした。既にキャストが決まってから読んだので頭の中で、配役と当てはめながら熟読してみました。個人的にキャスティングは結構合っているんではないかなぁと感じます。大河ドラマ「篤姫」の徳川家定役からあっという間に脚光を浴びている「堺雅人」がこの大スケールの作品をどう演じてくれるのか今から楽しみです。最近の伊坂作品は映画「ラッシュライフ」・「重力ピエロ」とありましたがそれを上回ってくれるようなハラハラドキドキ感漂う作品に仕上がっていて欲しいと願います。

→映画「ゴールデンスランバー」の公式サイトはこちらです。

ゴールデンスランバー3


予告編動画は↓をクリックして下さい。



ゴールデンスランバー本表紙


これから見たい映画 | 【2009-11-22(Sun) 14:00:55】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © 昭島市の映画館 MOVIX(ムービックス)昭島で映画三昧♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。